2017年10月10日火曜日

2017年7月4日火曜日

相馬野馬追いのイラスト






相馬野馬追は、福島県相馬市で行われる祭礼です。

2017年の開催日は……。

7月29日(土)、30日(日)、31日(月)の3日間です。

30日の野馬追いを祭場地で観覧できる、観覧席券が発売されているようですが、
詳細は、相馬野馬追執行委員会公式ページでご確認ください。


祭礼1日目は相馬中村神社、相馬太田神社、相馬小高神社の各妙見神社で出陣式が行われ、総大将をお迎えの儀式を終えたあと、南相馬市の雲雀ヶ原祭場地に向かいます。
その後、祭場で騎馬武者たちが古式馬具をつけて、馬場を走る「宵乗り競馬」が開催されます。


祭礼2日目は、相馬野馬追いのハイライト。
騎馬総勢500騎ほどが、祭場地へと向かう「お行列」が行われ、祭場地に到着後いよいよ「甲冑競馬」が開催されます。
そして、クライマックスの「神旗争奪戦」開催。2本の御神旗を、数百の騎馬群が奪い合います。

祭礼3日目は、神のおぼしめしにかなう馬をとらえて、奉納する神事。
騎馬武者が小高神社境内に馬を追い込み、御小人と呼ばれる若者たちが素手で馬をとらえます。

ざっくりですが、相馬野馬追いの流れについて書かせていただきました。
相馬馬追いを描いた、とよじいイラストがまだまだあるので、お祭りとともに紹介させていただこうと思っております。



2017年7月3日月曜日

何れ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)






何れ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)。
五月雨に 沢辺の真薦 水越えて いづれ菖蒲と 引きぞ煩ふ

「太平記」の中にある記述で、源頼政が鵺(ぬえ)を退治した褒美に、鳥羽院から菖蒲(あやめ)前という美女を賜るとき、十二人の美女の中から選び出すように言われ、美人揃いだったため選びかねて詠んだ歌といわれています。

近衛天皇在位のとき、毎晩、丑の刻(午前2時)に御殿の屋根を黒雲が覆うという出来事が起こった。警護をまかされた源頼政は、雲の中に怪しい影があるのに気付き矢を放ったところ、頭が猿、胴が狸、手足が虎、尾が蛇という怪物が落ちてきた。これを退治した源頼政は、獅子王という御剣を天皇から賜ったという。

源頼政は源義朝について戦い、その後、義朝が起こした平治の乱では平清盛の味方となり、平家の横暴をみかねて平家を打つために挙兵しようとしますが、事前に発覚し、平等院で自害しました。

アヤメかカキツバタか、迷い迷われての人生だったのでしょうか?
それとも、知っていて、迷ったふりをして、世の流れに乗って動いたのか。
75歳以上生きた方のようですから、後者かもしれませんね。

さて、アヤメとカキツバタとショウブの見分け方ポイントは、生えているところが違うということ。

アヤメは乾いたところ。

カキツバタは水辺。

ショウブは湿地。

もう一つは、花の中央にある筋の色。

アヤメは黄色と紫の縞目模様。

カキツバタは白いすじ。

ショウブは黄色いすじ。

あとは、葉っぱの形が、アヤメが細くて平ら。カキツバタが幅広く平ら。ショウブは葉っぱの中央に太い筋があります。


ということで。とよじいのイラストがアヤメかカキツバタかショウブかわかりませんでしたが(汗)。
真ん中に白い線があるので、カキツバタかなということで。
違っていたら、教えてください(*^_^*)

2017年5月30日火曜日

クラフト加工用アンティーク風イラスト ニリンソウのイラスト






今日のイラストは、ニリンソウです。アンティーク風に加工してみました。

文字が反転しているのは、タトゥーシール用に作ったからです。

タトゥーシールは、肌に貼れる透明シール。

お祭りのときや、スポーツの応援などのときに、顔や腕、足などにプリントアウトしたものを貼り付けて使います。

洗えば落ちる、1回のみのタトゥーなので、気軽に楽しむことができます。

このタトゥーシールに印刷したものを、空き瓶や空き缶(表面が平らなもの)に貼り付けて、上からニスなどを塗って保護すると、アンティーク風の花瓶や置物などがつくれます。

瓶や缶だけではなく、紙や木にも貼れるので、いろいろ活用できるのではないでしょうか。

1点気を付けていただきたいのが、このタトゥーシール、プリンターによっては途中で引っ掛かることがあるということ。

糊がついているせいか、トレー式のプリンターにセットすると、背面の巻き込み口あたりで引っ掛かってしまうのです。

手差しだと大丈夫っぽいので、手差し機能がある場合、そちらでプリントアウトしてみてください。


2017年5月23日火曜日

弥彦神社 某神社に行ってきました

以前、弥彦神社の「某神社」について書かせていただきました。

 ⇒ 寒桜のイラスト 弥彦神社の「某」神社の祭神とは?

某神社とは、名もない祭神であると言いますが、古代「越の国」の豪族である、阿彦が祀られているのではないか?という話もあります。

じつは、阿彦は小千谷の「魚沼神社」の祭神の1神でもあり、魚沼神社と弥彦神社の関係も興味深いものがあります。

いずれ、小千谷の魚沼神社にも参拝させていただきたいなと思いますが、まずは越後一ノ宮の弥彦神社におうかがいしました。

弥彦神社MAP
上記イラストは、弥彦神社の駐車場に掲示されている案内板から、神社部分を切り抜いたものです。

今回は、桜苑先の駐車場に車を停めて、MAP左の大きな道「社家通り」を通り、大きな鳥井から神社境内に入りました。

某神社の場所を把握しておらず、とりあえず本殿にお参りしてから探そうと思ったのですが、神社から真っ直ぐの道にある、MAPで表示されている白い鳥井を過ぎたあたりで、左手方向の道から神主さんが出てきました。

なんとなく、神主さんが来られた方に向かって足を進めると、ひらけた場所が見えてきました。
車のお祓い場でした。
そして、その左手側(位置的に神社本殿方向)に、小さな小道が見えたので、先に進んでみたところ、某神社がありました。

某神社に向かう道

某神社
某神社の狛犬さん
某神社の狛犬さん
弥彦神社本殿ちょい右側
境内内 右側より
弥彦神社の由来
摂社
神楽殿
御神木
祓戸神社入り口
祓戸神社
日曜日ということもあってか、多くの参拝の方が足を運ばれていました。

弥彦神社は鳥井が複数あり、直線上ではなく直角になっているので、方向音痴の気がある私は境内に入ると同時に方向感覚が麻痺したようになってしまいました(汗)

それでも、弥彦神社本殿と弥彦山の祭殿の位置が、ちょっと違うのではないか? ということに気付きました。

どちらかというと、某神社のほうが、弥彦山の祭殿と同じ向きにあるのではないかと思いました。

さらに、弥彦山祭殿と祓戸神社が向き合っているというのも、おもしろいなと感じました。

2017年5月12日金曜日

魚沼里山散策 鍬形城登山口

GWに実家の魚沼を訪れ、自宅裏の里山を散策してきました。

子どもの頃、しょっちゅう裏山に遊びに行っていたのですが、それから数十年経過し、山が掘削されてアスファルトの道路ができていたりして、山の光景が変わっていました。

子どもの時代に通った山道がなくなってしまったこともあり、山道での方向感覚がなくなり、グルグルと山の中をさまようことに。

山の奥のほうに、三国街道があると聞いていたので、三国街道にでて堀之内に下りることになってしまったのかも……と思ったのですが、なんのことはない、下りてみたらスタート地点に戻ってきていました。

2時間近く歩いたのに、元の場所に戻ってきたとは……。


まさに、きつねに化かされたような、お釈迦様の手のひらで遊ばされていたような不思議な気分になりました。

そんな、浦山散策の様子を写真と共にお伝えします。


十二大山神
十二大山神
登りはじめて、すぐのところに、十二大山神の石碑が!
いままで、全く気付きませんでした。

魚沼は十二山神が多く祀られているそうですが、すぐ近くにも祀られていてビックリ。

八海山信仰と十二山神社の関係性

里山入口
里山へと入る道です。千と千尋のワンシーンのようです。
以前は、道のわきに鯉を養殖している池がいくつもありましたが、いまは池はなくなっています。



左ショウジョウバカマ 右カタクリ
チャワンバナ

ゼンマイ



山には段々畑のあとがいくつも残っていました。
綺麗に田畑が作られていましたが、現在は雑草が多い茂り、田が放置されていることがわかります。


砂防ダムが何基も建設されていて、そのための工事用道路がとおっているので、歩きやすかったです。
山道と工事用道路が交差して、枝分かれした道が途中いくつもあったので、別の機会に道を辿ってみたいと思いました。


歩いているとき、突然ザザザザっと突風が吹き、バサバサと水滴が落ちてきたのでビビりました。
風の又三郎のようでしたよ。
通り雨かと思いましたが、木々についていた水滴が落ちてきたのでしょうね。


山には神様がいるという感じがわかるような気がした一瞬でした。




マムシ草
その後、一度、里山を降りて、夕刻別ルートに妹と一緒に足をはこんでみました。


我が家より、浦佐寄りにある山で、戦国時代、城があったということです。


上田長尾氏守りの城で、現在は秋葉神社が祀られています。


城山入口付近には、不動明王と明神様が祀られていて、写真にある「マムシ草」がいっぱい咲いていました。


今回は登山口を探すため、様子見できたのですが、妹は散策の血が騒いだのか、サンダルで山を登ろうとしました。


登山口に砂防ダムと沢があり、沢を越えなければいけないようですから、準備を整えて改めて登らせていただくことにしました。


途中、急な山道をコモにいっぱい山菜を積んだ、おばあさんが降りてきました。


おばあさんに、城山入口付近にある不動明王と明神様について質問したところ「お稲荷さんが祀られている」と教えてくださいました。


お不動さんと明神さんのほうかに、お稲荷さんもいらっしゃるのですね。


「山の上にはなにがありますか?」ときいたところ「ゼンマイ」との答えがかえってきました。


妹は、城があることを外部の人に悟られないように「何があるのか?」と聞かれたら、ゼンマイや蕨といった山菜があると答えるようにと、代々伝わっているのだろうと冗談まじりに言っていましたが、あながち、嘘ではないかもしれませんね。


見張りの城であったようですから、秘密裏にしていたのかもしれません。


私たちが子どものころは、この鍬形城がある山までは遊びに行っていいけれど、それより先には行ってはいけないと親から言われていました。


見張りの場であった、鍬形城ですが、やはり鍬形城の先は見晴らしが良くなり、地形が大きく変わる感じがあります。


場が変わる、手が行き届かなくなるということで、その先に出るなということで、親は申し伝えていたのでしょうね。


鍬形城への登山。草が伸びないうちに行ってみたいと思います。





2017年5月11日木曜日

佐渡島のイラスト 願(ねがい)集落






今日のイラストは佐渡島「願(ねがい)」集落です。

願は二つ亀と大野亀に挟まれている集落で、先日紹介した賽の河原がある場所です。

佐渡島 賽の河原

願集落から二つ亀へと向かう遊歩道の途中に、賽の河原があります。

賽の河原と「願」という名の地名が、マッチしているようでマッチしていないような、不思議な感じです。

願をポジティブで希望的な言葉として考えると、
あの世とこの世を結ぶ三途の川の河岸である賽の河原で願うのは
合わないような気もしますが……。

自分のための願いではなく、人を思っての願い……。

亡くなった人や家族が、三途の川の向こうで幸せに過ごして欲しいという願いと考えると、願という地名と賽の河原がしっくりくるように思います。

賽の河原には、子ども地蔵がたくさん置かれているのですが、親が子を思って置かれたのでしょうね。

彼岸では子が親を思い石を積む。此岸では親が子を思い地蔵を置く。

それぞれの願いが交差する河岸が賽の河原なのでしょう。


「願」という地名の由来は、大野亀に願掛けをすると、願いがかなうということから来ているそうです。

どのような願掛けをするのか。

賽の河原という場所ですから、亡き人の幸福を思っての願いが多いのでしょうね。

ちなみに、願集落には佐渡西国三十三観音の二十三番「施願観音」があります。

1東強清水~2逢田観音~3河内観音~4観音寺~5帰郷観音~6六句観音~7斉藤観音~8宿根木~9小太観音~10子安観音~11横山観音~12豊田観音~13新町観音~14三宮観音~15下新穂~16阿弥陀堂~17火伏観音~18円慶堂~19吾潟観音~20久知河内~21白瀬観音~22見立観音~23施願観音~24岩谷観音~25入川観音~26千佛堂~27波切観音~28下戸観音~29治門観音~30知空堂~31石田観音~32本屋敷~33堂林観音

番外─光善寺、稲葉堂、大浦観音、田中観音
本部─れんげ寺

となっております。

西国巡りは人気ですよねぇ。
浦佐毘沙門堂の後ろの山にも西国三十三番観音巡りありました。

>>浦佐毘沙門堂裸押合祭り

誰かを思って願う、日本人の優しさを感じる地名ですね。




2017年5月10日水曜日

佐渡島のイラスト 賽の河原




今日のイラストは、とよじいの佐渡島紀行「賽の河原」です。
 
佐渡島の賽の河原は、両津港から車で1時間ほど移動した、佐渡島の北西の突端近く、大野亀と二ツ亀という景勝地に挟まれた海食洞穴の中にあります。

近くに「願(ねがい)」という集落があり、願から海岸線に沿って遊歩道を歩いて1kmほど進むと、海食洞穴が見えてきます。

海に向かってポッカリと開いた穴の中には、複数のお地蔵様がおられて、海辺の石を積み上げた石積みがいくつも……。

賽の河原というのは、あの世(彼岸)とこの世(此岸)の間にあるとされる三途の川の河原のことをいいます。賽の河原では、親よりも先に亡くなった子どもが、親不孝の報いを受ける場所とされています。

親を悲しませた罪で、親の供養のために、石を積み塔を完成させなければいけませんが、石を積み上げると鬼がきて塔を破壊していく。また、子どもが石を積むと、鬼がきて塔を崩す、その繰り返しが親が三途の川に来るまで続きます。

ひとつ積んでは父のため

ふたつ積んでは母のため

みっつ積んでは故郷の兄弟わが身と回向して

ここで、子どもを救済に来てくれるのが、お地蔵様(地蔵菩薩)ということで、亡くなった子どものために、お地蔵様が置かれているのです。

お地蔵様は、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人道、天道)すべての世界に現れて、人々を救う菩薩様であると言われています。

地獄の閻魔大魔王と地蔵菩薩が同一の存在であるという説もあります。

日本では、地獄の責め苦からお地蔵様が救済してくれるということで、地蔵信仰が広まり、賽の河原で鬼に苦しめられる子どもをお地蔵様が守ってくれるというので、子どもの供養においてもお地蔵様は人気でした。

「賽の河原地蔵和讃」というものがあります。
ひとつ積んでは父のため、ふたつ積んでは母のため……というフレーズです。

賽の河原で石を積む子どもの様子を謳ったものですが、
この和讃の最後に、鬼にいじめられ父母を偲んで泣いている子どもの前にお地蔵様が現れて、子どもを抱きかかえるというシーンが描かれています。

我を冥土の父母と思うて明け暮れ頼めよと
幼き者を御衣のもすその内にかき入れて
哀れみたまうぞ有難き

佐渡島の賽の河原のお地蔵様の像も赤ちゃんを抱きかかえ、お地蔵様の足元に子どもたちが抱っこをせがむように手を伸ばしている姿となっております。
 
賽の河原は佐渡島だけではなく、日本各地に存在していいます。有名なのが青森県の恐山ですが、もともとは京都の鴨川と桂川の合流する「佐比の河原」に由来するようです。

地蔵信仰と「賽(さえ)の神」がミックスしたもの、という説もあるようです。

賽の河原やお地蔵様と閻魔様の関係などは、地獄の様子をコミカルに描いた漫画「鬼灯の冷徹」に詳しく載っているので、よかったら読んでみてください。
笑いながら、地獄極楽この世の仕組みが学べますよ♪

さて、佐渡島の賽の河原ですが、地元では2月の寒念仏にお参りをしているそうです。
そして「賽の河原にあるものは持ち出してはいけない」というルールがあります。

石、お供えなど「持ち帰る」と災いが起こると言われていますので、ご留意を。

2017年5月9日火曜日

2017年5月7日日曜日

佐渡島のイラスト 達者海岸





今日のイラストは、とよじいの佐渡紀行スケッチブックから、佐渡の達者海岸です。

達者海岸は佐渡で有名な「尖閣湾」の一部にある海岸で、透明度に優れた海で、海水浴場としても人気のスポットです。

この「達者」という名前のいわれは「安寿と厨子王」の伝説からきています。

「安寿と厨子王」は、中世の浄瑠璃の演目として演じられていた物語で、各地で民話化しています。

森鴎外の小説「山椒太夫」でも有名です。


貴族の姉弟、安寿姫と厨子王は、他者に騙され都落ちした父を訪ねゆくが、途中人買いに騙されて、同行していた母と離れ離れになってしまう。

人買いにより姉妹は宮崎に、母は佐渡へと売り渡される。

~略~ 

紆余曲折あり、復讐を果たした厨子王は母を訪ね佐渡へと向かうと、海辺で鳥追い歌を歌う年老いた瞽女(ごぜ)に出会う。

「安寿恋しやホゥヤレホ。厨子王恋しやホゥヤレホ」

その歌を聞き、厨子王は瞽女が母であると気づき、駆け寄りすがりついた。
厨子王が近くの清水で母の目を洗うと、目が見えるようになり、母子は再び抱き合ったという。


この、厨子王と母の再会の地が「達者」であり、お互いが「達者」であったことを喜んだということから、達者海岸という名前がついたのだそうです。

母の目を治したという湧き水を祀る「目洗い地蔵」が今も残っています。

【達者海岸】
場所:佐渡市達者
アクセス:両津港から車で約60分。バス⇒尖閣湾達者から徒歩5分。

【達者海水浴場】
遊泳期間:平成28年7月23日(土)~平成28年8月28日(日)
駐車場:20台(無料)
※更衣室、温水シャワーなどの設備はありますが、浜茶屋は出ていないようです

佐渡地域観光交流ネットワークさんで、ガイドが案内してくれる「さどさんぽコース」が企画されています。
3日前までに申し込みをすれば参加可能です♪

達者海岸から目洗い地蔵、厨子王と母の再会場所「おお坂」やクシキという竜が住んでいた「山門洞クシキ」などを案内していただけます。

地元の案内人ならではの、コアなスポットやためになる佐渡話が聞けますよ。

佐渡地域観光交流ネットワーク
さどさんぽコース「達者」。

※さどさんぽは達者のほか、岩谷口、関など8コース用意されています。
問い合わせは、一般社団法人佐渡地域観光交流ネットワークまで。

【一般社団法人佐渡地域観光交流ネットワーク】
住所:新潟県佐渡市河原田本町394番地 佐和田行政サービスセンター2階
電話:0259-67-7995
ホームページ:http://www.sado-kouryu.jp/

2017年5月6日土曜日

佐渡島のイラスト 七浦海岸


今日のイラストは、とよじいの佐渡紀行スケッチブックから、佐渡相川の七浦海岸です。

いかつり船を描いています。船の上に、のれんのように楕円形のものが吊るされていますが、これは、イカを呼び寄せるための灯り(ランプ)漁火です。

イカ釣り船の漁火は、宇宙からもくっきり見えるほどの明るさだと言います。

七浦海岸は漁火の絶景ポイントで、佐渡相川地区の鹿伏から二見までの7つの集落をまたぐ、10kmにおよぶ海岸線です。

隆起に富んだ海岸で、深く突き出た岬「橘の長手岬」

二つの岩が並ぶ「高瀬の夫婦岩」

縄文時代の住居になっていた洞窟

相川の町並みが一望できる「春日崎」

大きな石灯籠や断崖に刻まれた摩崖仏など、見どころ満載の海岸。

夕暮れ時になると、独特の形をした岩の影が海にうつり、紫紅の空とマッチして、美しい情景が奏でられます。

潮風を受けながら海岸線を散策し、夕日を眺めて、漁火に癒やされる。

一日の海の移り変わりを堪能できる佐渡、外海府の旅。いかがでしょう?

2017年5月5日金曜日

佐渡島のイラスト 大間港の近代産業遺産



今日のイラストは、とよじいの佐渡紀行スケッチブックから、佐渡相川の大間港の風景です。

スケッチの日付は、昭和53年5月4日。ですが、スケッチブックの他のイラストの日付は83年とあるので、
昭和58年の間違いだと思います。1983年と昭和53がゴチャゴチャになって、53と書いたのでしょう。

いまから、34年前の5月GWの佐渡の風景です。

大間港は相川の市街地にあり、明治時代には佐渡金山から産出される、金や銅などの搬出が盛んに行われてた港です。

イラスト左側にみられる、白い塔のような建物はクレーンの台座です。その奥にもう一つ見える白いものが、ローダー橋と思われます。

ローダー橋は、荷物を運ぶクレーンやトロッコが通った橋の事です。

イラスト右側の赤い建物は、赤レンガ倉庫。

これらの建物は明治時代に建てられたもので、現在は使われておりませんが、近代産業遺産として見ごたえがあります。

廃墟好きな方とか、ノスタルジックな雰囲気がお好きな方にはぜひ訪れて欲しいスポット。

見どころのひとつとして、大間町の護岸は「たたき工法」の創始者である服部長七が指導して作られています(明治25年、1892年完成)。

たたき工法は、土砂と消石灰を混ぜて水で練った「たたき」と石柱を組み合わせた技術。
コンクリートが普及するまで使われていました。

近年だと、鉄腕ダッシュの防波堤で「たたき」が、使用されました(違うか……)

この、たたき工法による護岸やクレーン台座はいまでも残っているので、質感などをチェックしてみてください。

2017年5月4日木曜日

佐渡島のイラスト 千畳敷ワカメ採り




今日のイラストは、トヨジイの佐渡紀行スケッチブックより、千畳敷のワカメ採りのワンシーンです。

イラストの日付が「83」となっているので、昭和58年の旅行記ですね。

佐渡の千畳敷は佐渡の外海府にあります。
 相川町市街地の北端、下相川の海岸にある岩礁で、畳千畳ほどの広さを持つ、平らな形の岩場が続くことから、千畳敷と呼ばれています。

千畳敷を見るための橋が2本、観月橋(第一・第二)がかかっています。
橋の上から見る、月が美しいのでしょうね。

とき選書出版の書籍「佐渡を歩いて イギリス人のひとり旅」アンガス・ウェイコット著に、ワカメ採りがどんなものか、様子が見えてくる文章を見つけたので、引用させていただきたいと思います。

ただし、文章で描かれている場所は、千畳敷ではなく、もうすこし北の平根崎のようです。

誰かが歌う声が聞こえたので、私は道路から脇にそれて大きな岩陰の狭い砂れきの浜に下りてみた。

黒っぽいズボンに紺のシャツ、袖なしのウールの上着を着た小柄なおばあさんが、ゆっくりとした動作で、磯で海藻を集めていた。

左手には、キラキラ陽に輝く長い褐色のリボンのようなものをひと束抱えており、右手には短い鎌を固定した長い竹竿を持っている。

彼女はあちらこちらと海水にバシャバシャ分け入り、竿を伸ばしては海底の藻を刈り取り、すでに取り集めた束に加える。

仕事をしながら彼女は、奇妙な節のない唄、それも同じ節まわしを繰り返し口ずさむ。
 佐渡に伝わる古い仕事唄の一つだ。

 本に描かれた、おばあさんは長岡の生まれで、少女の頃に家族と別れて佐渡に来たそうです。

家を出るとき、家族がみな戸口に並んで見送ってくれたときのことが、今も目に浮かぶ、母と妹たちは、またいつ会えるかと泣いていたという。

著者とおばあさんの会話はしばらく続き、佐渡と長岡の積雪量の違いなどを語り合っています。

おばあさんの写真も本に乗っているので、よかったら読んでみてください。
イギリス人である著者の優しい情感たっぷりの視点で佐渡を巡る旅が描かれています。